トップページ > よくある質問

よくある質問

空気清浄する家

きれいな空気をつくる、しっかりとした換気性能

天井裏の「エレメントボックス」「熱交換式換気扇」により、外気を室温に近づけて取り入れ、床下に送り込み、壁内通気層を上昇しながら家全体を循環し、室内の空気をキレイに保ちます。加えて調湿空気清浄剤「ファースシリカ」がホルムアルデヒドなどの有機系ガスを吸収し、シックハウスなどの問題を低減します。

調湿機能の家

健康と家の構造体を守る、耐久性・調湿機能

健康空気循環システム「AIキット」と調湿空気清浄剤「ファースシリカ」により湿度を維持する家です。2つの組み合わせにより、病原菌が発生しにくい40%~60%の湿度を維持します。さらに、結露の発生も抑えられてるので季節に関係なく、常に湿度を快適な状態に維持します。

高気密・高断熱の家

冬は暖かく夏は涼しく過ごすための、高気密・高断熱

一般に高気密・高断熱住宅と言われても、壁の中の断熱材が経年劣化したり、外壁と接する柱から熱が逃げたりして、完全な断熱といえませんでした。「エアクララ」は、現場発泡スプレー方式で気密と断熱を同時に実現。また、「コープレート」と「ファースボード」により、木材からの熱損出を軽減します。

地震に強い家

地震対策も万全。安心して長く住める。吸震構造

木造軸組工法などでがっしり組みあげることにより、一般住宅と同等以上の強度を発揮します。さらに、丈夫な基礎と土台の間を現場発泡スプレー方式の断熱材が、屋根、外壁、基礎と連結。シームレスに家全体をしっかりと包みこむことで、地震、台風にも強い効果を発揮します。

省エネ・エコな家

環境や家計にうれしい、省エネ・エコ機能

水分管理が容易、エネルギー効率が良い、燃焼ガスが発生しないなどの理由で、エコ電化仕様を採用。さらに気密・断熱に優れ、エコ電化ならではのムラのない暖かさがすみずみまでゆきとどきます。また、窓ガラスの日射取得性能と相まってパネルのいらないソーラー住宅システム認定を交付されています。

省エネルギー基準について教えてください。

建築物における外皮性能(断熱化)や建物全体の省エネルギー性能を評価する基準。地域性を考慮した区分(8地域)がされており、地域によって求められる性能が異なるのが特徴です。

低炭素住宅

省エネルギー法と比べて、建築物における一次エネルギー消費量を10%以上削減することを必須に、住宅の低炭素化につながる定められた項目のうち一定数以上を満たす住宅のこと。

ネットゼロエネルギーハウス

建築物における一次エネルギー消費量を、省エネ機器利用などの工夫で減らすとともに、エネルギーの創出によって、エネルギー使用量を正味(ネット)ゼロまたは概ねゼロにする住宅のこと。

真の快適住宅とは

家に対して、ストレスが無く、住まわれている方が心身ともに健康であること。真の快適住宅をつくるために大切なことは、温熱環境、空気質、省エネ、耐久性です。

トップへ戻る