トップページ > 真の快適住宅ファースの家

真の快適住宅、ファースの家とは

「ファースの家」とは、ファース工法を用いて施工する家の総称です。

ファース工法のポイント

 

①24時間空気循環システム

24時間空気循環システム 調湿・清浄した空気を、家全体に循環させる健康空気循環システム「AIキット」は、ファース工法独自の壁内通気層を活かし、天井裏や床下で湿度調節・清浄された空気が家中を循環。人も家も常に健康空気に触れることができます。空気循環によって部屋ごとの温度差が小さくなり、冬場の「ひゃっ!寝室が寒い!」や夏場の「リビングから出たくない〜」がなくなります。

②吹付けタイプの発泡断熱材

吹付けタイプの発泡断熱材 ウレタン系現場発泡スプレー方式の断熱材「エアクララ」は、吹付けタイプの断熱材で、断熱と気密性を同時に実現。気密シートなどの気密施工が不要なうえ、寒冷地、温暖地問わず異例の120cm厚まで吹付けが可能です。

③ボード状断熱材

ボード状断熱材 外断熱用ボード状断熱材「ファースボードK」は、外壁または外壁下地等からの熱損失(ヒートブリッジ)を低減する、硬質ウレタンフォーム(ノンフロン)の断熱ボードです。室内面の「エアクララ」もしっかり定着します。

④ファース専用サッシ

ファース専用サッシ 断熱性と日射取得・遮熱性に優れた「ファース専用サッシ」は、年間を通じ暖房期間が主な寒冷地には日射取得率の高いガラス、冷房期間が主な温暖地には日射を遮蔽させるガラスをを使用するなど、地域事情を考慮します。

⑤FASタイトプレート

FASタイトプレート 住宅内部の暖気・冷気を床下で蓄熱・蓄冷する「FASタイトプレート」は、床下に敷設し、日射熱や暖房熱を蓄熱。室温が変化すると徐々に放熱。いつも室温を平準に保ちます。厚い夏場には余計な放熱を起こすことはありません。

⑥ファースシリカ

ファースシリカ 湿度管理と空気清浄機能を持ち、炭の7倍の調湿効果を持つ調湿剤「ファースシリカ」は、高湿度で湿気を吸放湿するだけではなく、様々なガスや臭気を吸着する脱臭効果、防蟻効果もある住宅用シリカゲルです。

健康住宅という言葉が多く聞かれるようになりました。

生きてる空間と暮らす家。
人も家も。生き生き爽やかな住まい

生きてる空間と暮らす家。

真に快適な住宅「健康住宅」とは、
冬は暖かく、夏は涼しい、家の中がじめじめせず空気が爽やか、断熱材や構造体(木材)が腐ったりしない、そんな住宅です。

そのために、住宅を生き物と捉えて、呼吸や自ら体温の調整ができる仕組みを与え、しっかりとした断熱と機密を行うことで、居住空間へ徹底した断熱と気密で、快適空間を提供します。

ファースの家のしくみを見る

「健康住宅」への考え方
-真に快適な住宅「健康住宅」とは-

ほどよく快適な湿度夏涼しく冬暖かい温度いつもさわやか空気の清浄いつもサラサラ空気の流れ

ファースの家のメリット

参考資料:冬季の北海道の家は、鹿児島より暖かい

参考資料

参考資料

ファースの家工法が選ばれる6つの快適機能

空気清浄きれいな空気をつくって、しっかりとした換気機能 空気清浄
きれいな空気をつくって、しっかりとした換気機能

調湿機能 調湿機能
健康と家の構造体を守る。耐久性、調湿機能

高気密・高断熱 高気密・高断熱
冬は暖かく夏は涼しく過ごすための、高気密・高断熱

地震に強い 地震に強い
地震対策も万全、安心して長く住める、耐震・吸震構造

省エネ・エコ 省エネ・エコ
環境や家計にうれしい、省エネ・エコ機能

24時間温度調節 24時間温度調節
一年中Tシャツで過ごせるほど、全ての部屋が快適温度

動画で見るファースの家

ファースの家の特徴

24時間365日快適な温度で家をつつみこみます。

夏は涼しく、冬は暖かい家―エアコンは、天井裏に設置されており、家全体を管理しています。だから、個々の部屋に冷暖房設備を設置する必要はありません。 エアコンを部屋の数だけ用意する必要がないので、初期設備費用と維持費用が浮いてとってもお得です。 また、リビングは暖かいけど寝室へ戻ると寒くて…とか、子ども部屋が暑くて勉強に集中できない!なんてこともありません。 家中どこにいても、過ごしやすい温度と湿度で「入らずの間」はありません!

家のどこにいても適温適湿。しかも空気清浄機能付きで健康住宅

まるで森の中にいるみたい。空気がきれいで毎日がさわやか。乾燥や湿気の心配がないから、女性の肌にも優しく、家族みんなの体調も快適です。 また、換気するために窓を開ける必要がないので、桜島の灰が降る日でも快適。 長年鹿児島県民を悩ませてきた、「換気」と「暑さ」と「灰」が一気に解決します!

徹底的に高気密&断熱で、省エネ化を実現。

エアコンをつけっぱなしだから、光熱費が上がると思っていませんか? せっかくエアコンをつけていても、エアコンの熱を外に逃しているとしたら、エアコンの温度を下げたり、風量を強くするはずです。もっとも電気を使うのは、室温が高い部屋でエアコンを付けた時です。一気に部屋の温度を下げるために、多くの電気を使います。一方、常に部屋の温度&室温が一定の家は、温度を維持するためだけに電気を使うので、結果的に光熱費が安くすむのです。

ファースの家のメリット

花粉症・アレルギーがある方へ 灰が降ると窓が開けられない方へ 気温差で体調を崩してしまう方へ エアコンやストーブが苦手な方へ カビ・シックハウスが気になる方へ 耐震・防災が気になる方へ

ファースの家対談
トップへ戻る