トップページ > 真の快適住宅ファースの家 > ファースの家対談

ファースの家対談

「ファースの家」とはどんな家なのでしょうか?

 

ファースの家とは
「ファースの家」は、夏は涼しく、冬は暖かい、最適な温熱環境で過ごせる住宅です。私たちは「ファースの家」が日本一の高機能住宅であり、健康住宅であると考えています。

高機能住宅であり、健康住宅である「ファースの家」には、どのような特徴があるのでしょうか?

 

ファースの家対談

第一の特徴は、温度です。ファースの家は、外断熱と内断熱をダブルで組み合わせて高い断熱性能を実現し、専用断熱材の吹き付け工法による高い気密性で室内の冷暖房の熱を外に逃がしません。また、構造体の中に空気を循環させるため、構造体内も最適な温度に調整され、家全体の空間をほぼ一定に保ちます。そのため、床・壁・天井からの輻射熱でマイルドな冷暖房空間の中で生活できるというわけです。

高気密高断熱の家について

fas-tokucho1

fas-tokucho2

温度だけでなく、湿度の管理にも特徴があると伺いました。

 

はい。湿度は住環境においてとても大事な要素のひとつであり、「ファースの家」の第二の特徴です。「ファースの家」は独自の専用部材により、人が快適に感じる40〜60%の湿度を保てるように工夫されています。この仕組みには日本古来の茅葺き屋根の思想が取り入れられているんですよ。

調湿機能の家

それはすごいですね。温度、湿度ときたら、次はなんでしょうか?

 

ファースの家対談
いつもさわやかな空気が第三の特徴です。空気中のホルムアルデヒドなどの化学物質やタバコのにおい、その他の有機ガスなどの汚染物質を除去し、きれいな空気を家の隅々まで循環させます。

空気清浄する家

fas-tokucho3

fas-tokucho4

家の中の空気は、人体に影響を与えると聞いたことがあります。「ファースの家」は、まさに高性能な健康住宅なんですね。

 

はい。家の性能と健康には密接な関わりがあります。高性能な専用部材を用いた高気密高断熱住宅は健康住宅であり、さらに優れた省エネ効果も実現します。この優れた省エネ住宅であるという点が「ファースの家」の第四の特徴です。

省エネ・エコな家

「ファースの家」は、もともと北海道で開発された工法を使用しているそうですが、気候が異なる鹿児島・大隅の家づくりにも活かせるのでしょうか。

 

ファースの家対談
近年、高齢者を中心として、急激な温度差によって体調不良が起こるヒートショックが問題となっています。実は北海道はヒートショックで亡くなられる方が全国で最も少なく、逆に鹿児島はヒートショックで亡くなられる方が多いんです。これは北海道の家の断熱性能が高いからだと考えられます。さて、鹿児島の家はどうでしょうか。鹿児島も意外と冬は寒く、氷点下まで気温が下がることもしばしばですが、自宅の北側に位置する浴室が特に寒いという家が多いです。また、夏はじめじめと蒸し暑く、さらには桜島の降灰にも悩まされます。温度、湿度、空気の流れに配慮した「ファースの家」は、北国から南国までしっかりと機能する性能を備えています。

参考資料:冬季の北海道の家は、鹿児島より暖かい

降灰の影響で窓が開けられない時にも「ファースの家」の機能が役立ってくれますね。ところで、「ファースの家」では24時間365日空調をつけたままにしているそうですが、光熱費は割高になるのでしょうか?

 

fas-taidan06
35坪程度の一般住宅で月々の光熱費が15,000円前後とすると、「ファースの家」は8,000〜10,000円ぐらいですむという試算が出ています。
太陽光パネルを搭載した場合、電気代をまかなった上で売電まで出来るので、長い目で考えるとかなりお得になると思います。

「ファースの家」は、人の体にも、環境にも、家計にもやさしいんですね。

 

私たちは常々お客様の幸せが私たちの幸せであると考えています。お客様のためにならないと、家づくりをする意味がありません。「ファースの家」は、長期優良住宅仕様で最も困難だとされる省エネルギー基準を大幅にクリアし、高寿命のための劣化対策(新築から75〜90年間、構造躯体の大規模改修不要)の認定を受けた高性能住宅です。また、洋式を感じさせず、流行にもとらわれない自由設計で、お客様一人ひとりに最適な仕様・プランをご提案いたします。

省エネルギー基準について

2020年にはすべての新築住宅・建築物を対象に省エネルギー基準が義務化されると聞いています。

 

ファースの家対談
はい。2020年には省エネルギー基準の義務化に加えて、“低炭素住宅”、“ネットゼロエネルギーハウス”の普及促進も行われます。「ファースの家」は、このような施策が策定される前から断熱や省エネに取り組んでおり、義務化される際の基準以上の性能を持っています。全国のお客様に選ばれ続けてきた「ファースの家」を、ぜひ鹿児島・大隅の地でも広げていきたいですね。

低炭素住宅

ネットゼロエネルギーハウス

住宅の性能は住んでからは見えない構造部分で決まるということがよく分かりました。「ファースの家」が鹿児島に広がるのが楽しみです。今日は本当にありがとうございました。

 

ファースの家とは

トップへ戻る